top of page
key_single.png

【合成メタン】福岡市・西武ガスが工場から回収したCO₂から合成した都市ガスを2025年から供給

福岡市の西部ガスは九州大学やIHI社と共同で実証事業に取り組み、工場などから出るCO₂を回収して生成する合成メタンを主成分とする都市ガスを2025年から供給を始めると発表した、CO₂を回収して合成されたメタンを使用するため燃焼時の排出と相殺することができる。合成メタンの実用化で企業の脱炭素化につなげるのが狙いだという。

使用する電力は九州で盛んな太陽光発電の余剰電力を使い、まだ高価だと言われている合成メタンの価格を抑える努力をするという。

従来のガス供給インフラを使用できるメリットがあり、大阪ガスや東京ガスも合成メタンの事業を模索している。



合成メタンの製造を予定する西部ガス基地(写真出典:毎日新聞社の記事より)

Comments


このレビューに対するお問い合わせ

このレビューに関するご質問は、下記のフォームでお問い合わせください。

個人情報保護方針に同意して送信する

ありがとうございます。 担当者からの連絡をお待ちください。

他のレビューを見る

bottom of page