top of page
key_single.png

【CO₂合成燃料】ごみ焼却で出るCO₂を回収してメタンガスを合成

 横浜市、東京ガス、三菱重工グループの3者が官民共同で行うCO2回収事業の実証実験がスタートした。横浜市のごみ焼却工場の排ガスから二酸化炭素(CO₂)を回収し、都市ガスの主成分であるメタンの生成に利用する。

鶴見区のごみ焼却施設から排出されるCO2を三菱重工グループが開発した装置で分離・回収し、東京ガス横浜テクノステーションでメタンに換える。1日当たり200キロの処理が可能で、最終的には1日当たり家庭約260世帯分のメタンができるという。将来的には、ごみ焼却による新たなCO₂発生をゼロにする計画だ。

実証実験は2023年度末まで実施し、メタン生成施設以外へのCO₂の活用も目指すという。



実証実験の開始式のようす(出典:毎日新聞サイトより)


Comentarios


このレビューに対するお問い合わせ

このレビューに関するご質問は、下記のフォームでお問い合わせください。

個人情報保護方針に同意して送信する

ありがとうございます。 担当者からの連絡をお待ちください。

他のレビューを見る