top of page
key_single.png

海洋プラごみを分別せずにガスカして水素と二酸化炭素に転換するリサイクル技術

海洋プラスチックはリサイクルしようとすると塩分や紫外線による劣化によって簡単ではない。また、種類の違うプラスチックを分別する手間もある。レゾナックホールディングス(東京都港区)は、この問題に取り組み、包装容器プラスチックを高温でガス化し、分子レベルまで分解するケミカルリサイクル技術で水素と二酸化炭素に転換させる。この技術により、種類を分別することなくリサイクルすることができるようになる。処理によって発生した水素は肥料や薬品の原材料となる。

今年度は川崎市と実証実験を4回行う予定にしている。

(写真出展:東京新聞サイト)




ガス化炉が入る建物



Comments


このレビューに対するお問い合わせ

このレビューに関するご質問は、下記のフォームでお問い合わせください。

個人情報保護方針に同意して送信する

ありがとうございます。 担当者からの連絡をお待ちください。

他のレビューを見る

bottom of page